≪つくば ウィークリーマンスリーマンション≫

 

 

  グリーンハウスつくば

 

≪天 然 素 材 を 基 調 と し た エコロジー空間≫

 

 

 

 

 

 

 

 

●短期も長期も過ごしやすい『グリーンハウス』・・・単身者~ファミリー物件

【つくば市学園の森】  最寄駅:研究学園駅

       DSC_0110              

 

 

 

 

●ゲストハウス型の新施設『ANNEX(アネックス)』  ・・・単身者、一人暮し向け物件

【つくば市吾妻】   最寄駅:つくば駅 

      

 

筑波大学、筑波大学病院、メディカルセンター、筑波記念病院、

JAXA、国総研、土木研究所、物質・材料研究機構、イーアスつくば など

                      どちらの方面にもご利用いただけます!

詳しくは,

←左側の【ANNEX総合案内    &  【グリーンハウス総合案内  各メニューからご覧ください。

 

【【【大好評に付きフェア価格も継続中】】】

☆サマーフェア(2018年6月~) 早得割引料金!! ⇒  グリーンハウス料金表

                                                                                              アネックス料金表

 

 

≪ 宮城県の物件 ≫

 

●縦ログ構造の新物件『仙台・動物公園』・・・単身者、一人暮し向け物件 
【仙台市太白区八木山本町】   最寄駅:八木山動物公園駅

  

2017年4月『グリーンハウス仙台・動物公園』新築完成
無垢材と漆喰の天然素材を基調とした縦ログ構造の新しい物件です 😛

ご予約・内覧は、メールまたはお電話にて承っております!

グリーンハウス仙台・動物公園ホームページはこちら!

 

 

つくば市のウィークリーマンション マンスリーマンション

グリーンハウスつくば

 

 

 

 

 

 

2018年06月01日

comment (なし)

シェアハウスについて

どうも、みどりちゃん4号です。
いつも本HPをご覧いただきありがとうございます。

つくば市で初めてオープンしたシェアハウス『ANNEX』ですが、みなさんはシェアハウスにどのようなイメージをお持ちでしょうか?

格安狭小な部屋でしょうか?
テレビでやってる交流目的のお部屋?
学生サークルの寮みたいな感じ?
高齢者用の共同住宅?
この他にも色々ありますね。

実は、シェアハウスの概念はかなり広いのです。
文字通り読めば、何かをシェア(共有or共同利用)している家はすべてシェアハウスになってしまうわけで、究極的には何もシェアしない家は無いのです。ただ兎角、現代的な意味では、共同利用を通しての人間関係(共同利用による縁)を有する居住形態の家ということになるでしょうか。

血縁(親子)や愛情(夫婦)以外の縁で共に住む形態は、核家族化の進んだ現代では数少なくなっています。
残っているのは、社員寮や学生寮、福祉施設ぐらいしかなんですね。

ちょっと堅苦しいお話になってしまいましたね。

今日はちょっとそんな「シェア」についてPOPに考えてみたいと思います。 【マジPOP!!】
その前に、グリーンハウスつくばが運営するシェアハウス『ANNEX』はどんなところかというと、

天然素材をふんだんに使ったシェアハウスなんです。

面倒くさいルールを省いて、入った人の生活スタイルを重視していますので、お仕事が忙しい人でも、フレックスタイムな人も、一緒に住めると思います。

料金には、光熱水費・インターネットが入っていますし、お掃除も共有部分は管理人が行っているので、お掃除が嫌いな人にはぴったり!(いつもきれい!)

ぜひ、一度見学に来てください!

 

2014年03月09日

comment (なし)

きのこ展2013@筑波実験植物園

★★当施設は、ウィークリーマンション、マンスリーマンション、そしてシェアハウスを経営し、つくば市にて新しい「住」の価値を提案する拠点、グリーンハウスつくばでございます。★★

今日も当ホームページをご覧いただきありがとうございます。みどりちゃん4号です。

今日は、毎年の恒例となりましたイベントの紹介でございます。

『きのこ展』
はい、私4号がつくばで過ごす1年間の中で一番の楽しみにしているイベントです。


詳しくはこちらのポスターをご覧ください→kinoko2013 PDF

 

今年はなんと、「こうじ」の登場です。
「加藤こうじ」ではございません。「コウジカビ」のこうじです。

麹と書きますが、言わずと知れた超身近な菌ですね。
酒造りから味噌・醤油と日本人には欠かせません。

菌類の話はネタが豊富でうらやましい限りです。

今年はどんなキノコに出会えるのか、どんな話が聞けるのか楽しみですね。
昨今の菌類ブームあり、きのこ展も人気が出てきて、日陰者感が薄くなったのはうれしいやら、悲しいやら。今年も大勢の人が来て混むこと間違いないので、心して向かいましょう。

詳細はきのこ展(筑波実験植物園)のホームページへどうぞ。
今年は、ブログもやられているようです。

遠方からのお客様は、ぜひ、グリーンハウスつくばにご宿泊いただいて、連日植物園に通い、キノコの変化を観察するという上級者のプランもありますよ。

グリーンハウスつくば管理人
みどりちゃん4号

 

2013年10月02日

comment (なし)